伸鉄・鉄製滑車・シャックル・錨・建築用ボルト

20080912095654.jpg
事務局
〒720-0202 
福山市鞆町後地26-91
tel.gif 084-982-3375
fax.gif 084-982-3377
popup.gif 鞆鉄鋼協同組合連合会ホームページ

鞆鉄鋼協同組合連合会

 鞆の鉄鋼業は鞆鍛冶(刀工)を発祥としており、時代の変遷により、刀鍛冶の生産は船具、農具へと移り、明治には軌条用品が新品目に加わりました。
 大正年間には、鍛工品向素材(角鋼)が造られて伸鉄の誕生を迎えました。
 続いて平鋼、丸鋼、異形棒鋼が生産され、第二次大戦後は、鉄筋ビル建設用資材としてその需要が急伸し、昭和43年に船具、建築金物、機械部品等の二次製品業界とともに「鞆鉄鋼団地」の造成を完了しました。
 昭和50年代より、伸鉄の生産は海外へシフトが進み、当連合会でも伸鉄業を営む組合員は激減しています。
 現在、組合員は歴史ある鍛冶製品からコンピュータ制御による機械加工まで、非常に幅広い分野で活動しています。

機械金属工業製品

20080912095655.jpg
事務局
〒720-0067 
福山市西町2-10-1
福山商工会議所ビル内
tel.gif 084-922-1414
fax.gif 084-932-2364
popup.gif 広島県東部機械金属工業(協)
  ホームページ

広島県東部機械金属工業協同組合

 備後地方の機械金属工業は、古くから(文化13年頃)鋳造業が発達し、この鋳造業の発展とともに繊維機械、農機具、木工製材機械、工作機械、食品加工機械等の製造も盛んになりました。
 昭和13年頃には、製縄機、木工機械の生産額が全国の70%を占めていたと言われています。
 現在、備後地方には、輸送用機械器具製造業(自動車、船舶など)一般産業用機械器具製造業、電気機械器具製造業、鉄鋼業、金属製品製造業など機械金属関連のあらゆる業種が産地を形成しており、我が国経済の高度成長とともに発展し、高度加工技術も飛躍的進歩を遂げております。
 これらの企業の中には、大企業の協力会社も少なくありませんが、独自の技術力をもって大企業と競いながら、自社製品を生産、販売している企業や、海外に生産、販売拠点を置いて国際舞台で活躍している企業も数多くあります。

鋳物製品

2012060619034127332.jpg
事務局
〒721-0961
福山市明神町2-6-6
tel.gif 084-931-0890
fax.gif 084-931-0890

福山地方鋳造工業協同組合

 福山地方鋳造工業協同組合の源を見ると、その歴史は古く、大正9年に10数社で、福山鉄工組合を設立、備後に於る業界発展の基礎を築いた。
 昭和24年に中小企業組合法により、尾道・福山・三原・深安・芦名を統括して福山地方鋳造工業協同組合を設立した。昭和39年には、組合員18社、生産量1万トン、売上金額7億円余で、優秀な技術による製品は、福山の鋳物として全国に知れ渡った。
 平成19年には、組合員13社で、生産量3.5万トン、売上金額73億円と大幅に発展している。
 グローバル化の現在、健全な取引慣行で共存共栄、高度な技能・技術で製品力を高め、攻めの経営、息の長い人材育成・人材確保で更なる発展を計っている。

工作機械

20080912095655_2.jpg
事務局
〒726-0013 
府中市高木町669
旭スチール工業内
tel.gif 0847-45-3660
fax.gif 0847-45-5284

府中機械工業協同組合

 農産物の集散地であった府中地方では、古くから周辺一帯の農業に必要な農機具及び小道具の製造が行われていました。
 また、これらの集散物を加工する繊維、木工、食品などの工業も派生し、必然的にこれらの工業に関連する機械工業が芽ばえることとなりました。
 明治初期には鋳造所・鉄工所が誕生し、大正から昭和初期にかけては、専門工場も続々と創業され今日の基盤が形成され、第二次大戦中は軍需により著しい発展を遂げました。
 戦後、大手企業の発展とともに協力関連工場も伸展し、現在では工作機械、産業用機械が盛んに製造され、国内はもとより広く海外にまで輸出されています。

シャーリング・機械・製缶・鋳造

2012060619060026899.jpg
事務局
〒720-0017 
福山市千田町千田4-14-18
tel.gif 084-955-1311
fax.gif 084-955-1310
popup.gif (協)福山鉄工センターホームページ

協同組合福山鉄工センター

 当組合は、広島県東部機械金属工業協同組合の組合企業が業務の拡大、公害防止などを目的に工場の集団化を計画し、昭和42年に設立しました。そして、昭和45年には福山駅より北東約7辧∋獲杞眤道路福山東インターより約2劼箸いκ流交通に恵まれた当地に内陸工業団地を建設し、昭和46年5月より全社創業を始めました。
 以来、当初の日本経済は成長過程にありましたが、その後オイルショック、円高不況、バブル崩壊、そして、リーマンショックによる世界同時不況の到来、併せて昨年の未曾有の東日本大震災、原発問題などにより、日本経済はますます深刻化を深めてまいりました。
 このような厳しい経済情勢を乗り切るために、組合員が一致団結して取り組んでまいるつもりでございます。
 また、今日の経済環境が目まぐるしく変化する中にあって、私たちは長期的な展望のもとに、如何なる環境の変化にも対応できる近代的で合理性のある組合を目指し、組合員相互に信頼と綿密な連携を図りながら、地域社会の繁栄に貢献するべく鋭意努力してまいる所存でございます。